交通事故と社会問題

交通事故とは各種の交通機関で起こる事故の事を言います。
陸上であれば自動車や鉄道、海上であれば船舶や飛行機などの交通機関で起きる事故です。
特に現代では自動車事故による道路交通事故が多く、交通事故と言えば大抵の場合が自動車事故によるものを指しています。


自動車事故による交通事故の歴史は、過去をさかのぼると高度経済成長期から始まります。
高度経済成長期になると自動車を持つ人が増え、その自動車保有率の増加と比例して交通事故も増えてしまったのです。


当時は交通事故に対して教育やシートベルトの普及などさまざまな安全対策を強化し、そういった動きのおかげで交通事故を減少させる事に成功しました。
それからというもの交通事故の犠牲者は主に自動車に乗っている乗員となり、安全対策が全国に普及した後の交通事故件数は増えも減りもせず横ばい状態が続きました。
その間もエアバッグなど車両にも安全対策が施されるようになり、飲酒運転などの危険運転に対する罰も厳しくなっています。


近年になるとだんだんと交通事故件数や交通事故による死者数が減少しています。
理由としては飲酒運転の減少や速度違反の減少、運転マナーの向上などがあげられ、車両や医療技術の進化なども交通事故の減少に関わっています。


ひとりひとりのモラルを頼りに交通事故が減少しているというのはとてもうれしい事です。
このまま社会全体で交通事故に関して真面目に取り組んでゆけばますます交通事故件数は減る可能性があります。


■関連リンク
交通事故の被害者が弁護士に無料で相談出来るサイトです・・・交通事故被害 相談

Copyright © 2014 交通事故とその後 All Rights Reserved.